草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

ということで

ビール新入荷の第一弾。今回はすべてベルギービールです。
b0184015_574022.jpg

写真、左から
★セリス・ホワイト - Celis White(alc 5%)
 ヒューガルデンやヴェデット等で有名な、原材料に小麦を使用したホワイトビールです。ホワイトビールというジャンルを世に知らしめたピエール・セリス氏が、自らの名前を冠してリリースした話題の一本です。
 乳酸系の味わいを持ち、オレンジピールやコリアンダー由来の甘く爽やかな香りがこのジャンルの特徴ですが、一方では生産量の拡大などの理由からか、近年は味わいが軽くなる一方でした。このビールに関しては、小麦の柔らかさと合わせて王道のビールらしさをいまだ多く主張しています。軽快で爽やか。夏らしい味わいです。

★グーテン・カロルス・クラシック - Gouden Carolus(alc 8.5%)
 ベルギー最古の醸造所といわれるヘット・アンケル醸造所(1369以前〜)の有名なエール。Gouden Carolusとは黄金のカールの意味。ハプスブルク家の皇帝カール5世の金貨を名前の由来とします。ほかに様々なキュベ・バリエーションを展開するブランドですが、これはその定番商品。
 色は赤銅色を帯びた黒。瓶内二次発酵に由来するおそろしく細かい泡立ち。コーヒーやチョコレート、チェリーヒリング。非常に複雑で、ビターでありつつもフルーティ。コクのあるスペシャルエールです。

★デュシャス・デ・ブルゴーニュ - Duchesse de Bourgogne(alc 6.2%)
 フランダース地方西部で作られるレッドビールの傑作。ラベルの女性はグーテン・カロルスのモチーフとなった皇帝カール5世の父方の祖母、ブルゴーニュ公国公女(=Duchesse de Bourgogne)のマリー。
 オーク樽による熟成の影響で、色はレッドビールといわれる通り濃い赤みがかったダークブラウン色をしています。ビールというよりはワインに近い味わいで非常に特徴的。トップにランシオ香。口に含むとチェリー、パッションフルーツ。特に味わいの中盤は巨峰そのもので、葡萄を皮や種ごと頬張ったときのような野性的な複雑味があります。基本的にフルーティで甘いのですが、後口はよいです。

もちろん専用グラスでお召し上がり頂けますよ。
なお、近日中に第2弾入荷を予定しています。
[PR]
by kirkwall | 2009-07-10 05:08 | 新入荷

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30