草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

Nothing is impossible - 不可能なことはない

19世紀後半。スコットランドのとある蒸留所でウイスキー作りのイロハを学ぶ青年がいた。名前はピーター。よく食べよく学び、寝る間を惜しんでよく働く。体格に恵まれた大柄の青年は、所長であった叔父から厳しく仕込まれ、やがてその叔父から引き継ぐことになった蒸留所と会社を、押しも押されぬ世界的なブランドに育て上げていった。

使用人や仲間からは「レストレス・ピーター(休みを知らないピーター)」と呼ばれ、巨漢で実にエネルギッシュな人間だった。「1/3は天才。1/3は誇大妄想狂。1/3はエキセントリック」そんな彼の、子どもの頃からの口癖が「Nothing is impossible - 不可能なことはない」

b0184015_5462092.jpgこの口癖こそがのちに、引き継いだ会社を発展させて創業した、ホワイトホース社の社訓のひとつとなっている。

サー・ピーター・マッキー。ナイトにも叙勲された、世界的ブランドの創設者であり、その彼が自らホワイトホースの原酒生産の為に立ち上げたのが、クレイゲラキ蒸留所である。
[PR]
by kirkwall | 2010-03-04 05:47 | 新入荷 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30