草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

マッカラン22年 (Highlander Inn Special Release)

またまた抜栓前に写真が撮れませんでした。
b0184015_5174586.jpg

スコットランド、スペイサイドのクレイゲラキ村にある有名ホテル「ハイランダー・イン」よりマッカランが入荷しています。

[ハイランダーイン]
http://www.whiskyinn.com/
2005年、クライゲラヒ・ホテルで8年間総支配人を務めたダンカン・エルフィック氏と、ビジネスパートナーのイネス・マクファーソン氏、バー・ウイスキー部門のマネージャー皆川達也氏の3人でスタートさせた。皆川氏は日本人でありながらスコッチ本場のホテルのバーマネージャーを任せられる"情熱大陸"に登場しそうな方。スコットランド観光局による初めての訪問で、ホテルは3つ星の評価を受けています。
2007年には支店として、東京の中野坂上にスコティッシュパブ [ハイランダー・イン・トウキョウ] を展開。

ホテルのハウスウイスキーとして年に数回ウイスキーが選定され、それが瓶詰めされる訳ですが、2010年、今回のスペシャル・リリースに総支配人のダンカン・エルフィック氏がチョイスしたのが"マッカラン"。瓶詰め元はダグラス・レイン社です。

「選んだ樽はセカンド・フィルのシェリーホグスヘッド。強烈なシェリーではなく、伝統的なマッカランのシェリーオークのよう…」とエルフィック氏。以下のテイスティング・ノートは、ダグラス・レイン社のフレッド・レイン氏によるものです。

---Tasting Note from Fred Laing---
カラーからセカンドフィル・シエリーカスクの特徴がうかがえる。また同様に香りにも現れている。樽のエキスを十分にまとったフルーツやスパイス、ソフトなシダーウッドの香り。
飲み口もかなりスパイシー。咳止めドロップ、樟脳。さらにあの魅惑的なラムレーズン。
フィニッシュには渾然一体とした芳香がよみがえり、スパイシーさが増す。後からシェリー樽によくあるメントール系の香りが、つかの間漂う。

(以上、インポーター資料参照)

★Highlander Inn SPECIAL 
 MACALLAN 22y [1988]
 地域 スペイサイド
 熟成年数 22年
 アルコール度数  56.6% vol.
[PR]
by kirkwall | 2010-10-10 05:19 | 新入荷

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30