草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

ハイランドパーク32年 (ハートブラザーズ)

久しぶりのハートブラザーズです。お酒を覚えたての頃、いいボトリングが多くて個人的に大好きだったボトラーズのひとつです。この頃リリース情報が少なかったのですが、沈黙を経ての入荷!
これは期待しましょう。
b0184015_8161818.jpg



★HEART BROTHERS
 HIGLANDPARK 32yo [1977]
 地域 アイランズ(オークニー)
 熟成年数 32年
 アルコール度数 47% vol.



(インポーター資料より)
オレンジピール、白ぶどう、メロン。
柑橘系の甘い香り。しっかりとしていてなめらか。 段々心地よい刺激と塩っぽさも。
バイセンテナリーと同じ1977ヴィンテージは絶品。



そしてもう一発。ピートフリークさまへ。
ラフロイグ20年 (HEART BROTHERS)です。
b0184015_8165382.jpg



★HEART BROTHERS
 LAPHROAIG 20yo [1990]
 地域 アイラ
 熟成年数 20年
 アルコール度数 54.7% vol.



(インポーター資料より)
ヨード香、強烈なスモーキーさを感じる典型的なアイラモルト。
ほのかに甘く、飲み応えがありパワフル。海草のような特徴で塩っぽくドライなフィニッシュ。



★HEART BROTHERS
ハート兄弟の長男イアンはリチャード・パターソンの父の会社である「W.R.パターソン社」でで1950年代後半まで働き、三男のドナルドが大学を卒業した後、二人で1962年に今のハートブラザーズの前身となる「イアン.G.ハート社」を設立。次男アリステアは1975年までホワイト&マッカイのブレンダーとして働き、1976年に兄弟の会社へ。当初は南アフリカ産の酒精強化ワインのネゴシアンで、スコットランド西部でも有数の卸業者として名を馳せた。1988年、長男イアンの引退とともに、名前を現在のハート・ブラザーズ社とし、同時にシングルモルトを主力商品として扱う現在のスタイルとなった。2007年に同社は別会社に売却されたが、「ハート・ブラザーズ社」の名は残り、アリステアが引き続きウイスキー部門の責任者として手腕を振るっている。
[PR]
by kirkwall | 2010-12-16 08:18 | 新入荷 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30