草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

アードベッグ アリゲーター (オフィシャル)

アードベッグから新商品が届きました。
b0184015_8205033.jpg

ご存知ウヰスキーは樽で寝かして製品化しますが、その樽は一般的にお酒をつめる前に内側を火入れして炭化させて使用します。これはチャー(Charring)と呼ばれる作業で、甘い熟成香味成分が生成されたり、炭化層が未熟成香を減少させるともいわれ、香味に大きな影響を与える大切な行程です。
b0184015_821493.jpg
樽の焦がし方にも色々あるのですが、例えばバーボンなどに施されるもっとも強く焦がす焼き方を、表面に浮き上がるワニのウロコを連想させるような四角いパターン模様から"アリゲーター・チャー"と呼びます。

バーボンの日なた臭い香味は(かつてあるお客さんは、蟻の巣をつついた匂いと表現したw)、このヘビーチャーにも強く由来しています。

今回のアードベッグはここをコンセプトにして企画された限定商品だそうです。


(以下、酒屋およびメーカー資料より)

最高蒸留・製造責任者であるビル・ラムズデン博士は、長年の実験を重ね、"アリゲーター・チャー"(樽の内側を最も強く焦がす焼き方)をアメリカンオークの新樽に施しました。本商品はこの樽で熟成させた原酒を一部使用しており、この樽の焼き加減からくるスモーキーさやバーベキュー風味が、アードベッグの特徴であるピート香やハーブのフレーバーをより完璧に際立たせています。

度数 51.2%/vol.

TASTING NOTE:
色: 深いダークブラウン
香り: 燻製ショウガ、バーベキューソース、 チョコレート、クミン
味わい: 香辛料、燻された革のような口当たり。スモーキーなチャーシューやパクチーの味わいで、チョコレートやショウガも感じられる。フィニッシュはモカエスプレッソやシガーの煙。
[PR]
by kirkwall | 2011-09-03 08:24 | 新入荷 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30