草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

ボウモア14年 batch#1 (デュワーラトレー)

b0184015_644296.jpg
手頃なお値段のボウモアが入荷しています。現代的な仕上がりですが、蒸留所のハウススタイルがよく感じ取られる佳いボトリングでした。

"デュワーラトレー"といえば、ボウモア蒸留所の元所有者が経営するボトラー。太いパイプを持つ同社のコネクションが、比較的良い樽の選択を可能にしたのかも知れません。

"信濃屋(酒屋さん)"の企画で、シングルカスク(一樽)を二回に分けて瓶詰めするというユニークなもの。batch#1とはその1回目という事で、つまり数ヶ月後に残りの半分がbatch#2としてリリースされるそうです。

わずか数ヶ月ではありますが、同一の原酒で樽熟成による変化を試してみることが出来るなんて、面白そうな企画じゃないですか?


b0184015_6435798.jpg
DEWAR RATTRAY BOWMORE 14y 
 batch #1 for Shinanoya

 Region    Islay
 Cask Type  Sherry Butt
 Quantity   276/??? bottles
 Vintage   1997
 Strength   56.6% vol.

以下、メーカー資料より抜粋

---Dewar Rattray---

1868年設立歴史ある酒商。その当時数多くのウィスキーブランドの正規販売代理店として活動し、その後何回かの吸収・買収を経て、現在はあのモリソン・ボウモア社を経営していた「モリソン・ファミリー」の所有となり、主に樽の購入・販売等を行なっています。ラベルにはS.W.モリソン氏(デュワー・ラトレー社社長、あのスタンリー.P.モリソン氏の子)のサインが入っており品質の高さを証明しています。

---Tasting Note---

キレのあるピート、潮風、その後でシェリー樽熟成由来の甘みとフルーティな香り。口に含むと、柔らかくて質量感のあるスモークがグレープフルーツやブラックチェリーを包み込み込んだ印象。
濡れたレザーやオイリーなボディ。フィニッシュには心地良いスモーク、塩キャラメル、ホワイトペッパー。加水すると一気に柑橘系フルーツが現れ開栓後や熟成後の変化が非常に楽しみな1本です。
[PR]
by kirkwall | 2011-11-10 06:48 | 新入荷

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30