草食系男子らしいですね。

baryoshida.exblog.jp ブログトップ

一口鍛冶屋 〜 sip-smith

マイケル・ジャクソンをご存知でしょうか?
 
b0184015_7222051.jpgb0184015_791092.gif

"ポゥ!"のアレ(←左)ではありません。同姓同名の人物で、ウイスキーやビールの評論家として業界で名を馳せたコレ(右→)です。



ミュージシャン"MJ"が「ポップの帝王(King of Pop)」と呼ばれたのに対し、「ホップの帝王(King of Hop)」などと呼ばれることもあるそうです。ベルギービールを世に広めたり、シングルモルトの権威として存在感を発揮した人物で、これも"MJ"と同じく近年見事に他界されましたが、さて。


英国はウエストロンドン・ハマースミスにあった、そのマイケル・ジャクソンのオフィス跡地に、密造スレスレの超小型の銅製ポットスチル(蒸留器)を持ち込み、シコシコとスモールバッチでスピリッツを生産している秘密結社のような会社がありまして。笑
b0184015_711026.jpg

小規模がゆえに可能である、徹底したクヲリティーの追求を信条に掲げる彼らは、社名を「シップスミス(sip-smiths)一口鍛冶屋」と名付けました。2009年に創業した、まだ新しいクラフト蒸溜所です。ちなみにロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来のことだそうです。
b0184015_711387.jpg

で、説明はこれくらいにして、そこでつくられたジンと、それをベースに年一回限定で生産されるスロージンを当店で取扱ってますので、ご紹介させてくださいというお話なのです。
(テイスティングノートはメーカー資料より抜粋)


b0184015_733159.jpg★Sipsmith London Dry Gin 41.6%

〜TASTING COMMENT〜
古典的なロンドンドライジンより更にドライ。

香り:フローラル、夏の草原、甘く丸いジュニパー(ビャクシン)、新鮮な柑橘類

味わい:すべての味が一つの統合した味覚に調和する前に、最初に乾燥したジュニパー、続いて酸っぱいレモンとオレンジ・マーマレードを示し、発達する甘さが繋いでいき、より大胆になったジュニパーの余韻になる。

フィニッシュ:スパイシーなジュニパーと酸味のあるレモン

世界中から慎重にえり抜いて集めた10種類のボタニカルを使い、ポットスチルとコラムスチルを組み合わせたユニークな蒸留器で生産されます。徹底したドライさを謳ったジンですが、ジュニパー寄りでも、シトラスフレーバーに寄ったでもなく、あくまで上質な、複雑でバランスの良いプレミアムジンかと思います。

b0184015_715985.jpg※ボタニカル
マケドニアのジュニパー・ベリー、ブルガリアのコリアンダーの種、フランスのアンゼリカの根、スペインのリコリス(カンゾウ)の根、イタリアのオリス(シロバナイリス)の根、スペインのアーモンド、中国の桂皮(トンキンニッケイ:cassia dark)、マダガスカルのシナモン、スペインのレモンピールとセビル産オレンジピール





b0184015_725390.jpg★Sipsmith Sloe Gin 29%


TASTING COMMENT
香り:熟したレッドカラント、チェリーの下にかすかにアーモンドの殻
味:芳醇なカシス、プラム、甘くあたたかで、重厚なボディ。
余韻:甘いフルーツがデリケートな酸味を伴いながら消えていく。







スロージンというのは、スピリッツにスローベリー(プラムの一種)を漬け込み、砂糖を加えてつくられるイギリスのリキュールで、日本でいうところの梅酒のようなものです。日本で焼酎に梅を漬け込むように、イギリスでは身近な果実であるスローベリーを、むかしから家庭でジン(これもイギリスの庶民の酒ですョ)に漬け込んで楽しんだりするみたいです。


現在は、スロージンのベースとして、原価の高いジンを使うメーカーは減っていますが、このスロージンは昔ながらのつくりにこだわって、ドライジンを贅沢に使用し、それに良質のスローベリーを3ヶ月間浸漬して、年1回だけリリースされる限定品です。 人口着色料や香料などの添加物によらない、自然なスローベリーの風味と、元々のジンのしっかりとした味わいがよく出たお酒でした。



ちょっと前の入荷ですが、まだ両方ともにございます。興味のある方は如何でしょうか。
[PR]
by kirkwall | 2011-11-15 07:42 | 新入荷 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

私は人間だった。それは戦う者だということを意味している。


by kirkwall
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30